• アーカイブ
  • カレンダー
    9月 2021
    « 8月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    ブログカテゴリ
    過去の記事
  • 対応エリア
  • 山口県 防府市 山口市 周南市 宇部市など山口県全域エリアに対応しております。その他の地域に関してもお気軽にお問合せ下さい。
feed

社会保険労務士用のRPAについて

トップページ » 社会保険労務士用のRPAについて

2021年8月11日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
東京オリンピックが終わりましたね。アスリートには、たくさんの感動をもらいました。個人的には、野球で悲願の金メダルをとれたのが嬉しかったです。

現在、栃木県の株式会社TMC経営支援センターさんが開発したRPA (Robotic Process Automation)を導入しています。
ロボットが22:00になると起動し、電子申請で手続きが完了した公文書を自動的にダウンロードしてくれます。
ダウンロードした公文書は、日にちごと、会社ごと、手続きごとにフォルダ分けをしてくれます。
そして、社会保険関係の決定通知書は、PDFに変換までしてくれています。
さらに凄いのは、手続きが完了した決定通知書を顧客に自動でメール配送までしてくれることです。
そのため、翌朝、どのような手続きが完了したかをチェックすればよく、とても省力化になりました。

令和3年8月からは、算定基礎届決定通知書と社労夢の等級が合っているかをチェックしてくれるRPAも追加しました。
当社は、社労夢のVer5を導入しているのですが、Ver5にも対応してくれています。
このRPAは、算定基礎届の決定通知書と社労夢で登録している令和3年9月の等級が合っているかをチェックし、結果をエクセルで出力してくれます。
合っていない場合は、エクセルのファイルに黄色で塗りつぶしをして知らせてくれます。
そのため、今までは二人一組で読み合わせ作業をしていたのをしなくて済むようになりました。
黄色の箇所だけを確認すればよくなり、省力化できています。
そして、RPAは確認のミスが無いという大きなメリットがあります。

上記で述べたようにRPAによって、定型的な作業を省力化することができました。これからRPAによってどのような作業が省力化できるのか楽しみです


社会保険労務士用のRPAについて はコメントを受け付けていません

トラックバック

事評価制度

Copyright©2021 木戸社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.