三代目のブログ

Home » 三代目のブログ

電子申請の義務化について

2020年03月13日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
先月のブログで書いた時よりも新型コロナウイルスの影響が社会全体で大きくなっています。
そのため、厚生労働省も助成金等いろいろな情報をHPで発信しています。
3月11日のプレスリリースでは、感染拡大防止のため届け出・申請などは、「電子申請」や「郵送」を活用してくだいと発表しています。
令和2年4月からは、資本金1億円超の大法人等については、一部の手続きについて電子申請が義務化されます。
今は対象外の中小企業も、いずれは義務化される可能性が高いと思います。
社内に電子申請に対応できる人がいない場合は、木戸社会保険労務士事務所に事務手続きを委託して頂ければ電子申請に対応できます。
詳細については、メールか電話でご連絡ください。
お待ちしております。

[この記事を読む]


新型コロナウイルスに関連する労務管理について

2020年02月17日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
連日報道されている新型コロナウイルスですが、徐々に感染者が増えています。2月17日現在、収束の目途はたっていません。
事業主の方は、社員がコロナウイルスに感染した場合、どのように対応したらよいか惑うかと思います。
それに対して厚生労働省が、【新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)】をホームページで公開しています。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q3-1
休業手当についての説明があるので、参考になると思います。

また、助成金の情報も公開されています。
【新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例を実施します】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09477.html

[この記事を読む]


働き方改革実務セミナー

2020年02月02日

令和2年1月29日と30日に、全国社会保険労務士会連合会主催の「働き方改革実務セミナー」を福岡市で受講してきました。
1日目は、人手不足時代の労働生産性向上
2日目は、同一労働同一賃金の実務
が講義テーマでした。

成功した事例の紹介やツールの紹介、個人ワーク等があり、充実した内容でした。

同一労働同一賃金については、中小企業では令和3年4月から義務化されます。ご不明な点がございましたら、木戸社会保険労務士事務所までご連絡ください。

[この記事を読む]


過労死等防止対策推進シンポジウム

2019年12月02日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
2019年11月27日(水)に周南市で開催された過労死等防止対策シンポジウムに参加してきました。毎年11月は、「過労死等防止啓発月間」だそうです。
今回の内容は、講演が電通元社員の高橋まつりさんの母親高橋美幸さん。そして、基調講演が川人博弁護士でした。
高橋美幸さんの話は、まつりさんが死にいたるまでの過程の話をされ、親としての苦しみ、つらさが伝わってくる講演でした。
川人弁護士は、過労死の歴史、最新の過労死の事例、過労死を減らすための方法という内容でした。
その中で私が印象に残ったのは、熱中症についてでした。
近年、熱中症対策が強調されていますが、事例として報道されているのは、高齢者や子供のケースです。実際には、真夏に屋外で働く多くの労働者が熱中症で倒れているそうです。近年の気温を考えると確かにそうだろうなと思いました。
今回、お二人の講演を聞いて、ワークライフバランスの重要さを改めて認識しました。

[この記事を読む]


創立50周年記念日

2019年11月18日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。

今から50年前の昭和44年11月18日、私の祖父木戸琢磨が社会保険労務士業を始めました。
残っている書類によると、
昭和44年6月8日に広島商科大学で試験を受験


昭和44年7月31日付の社会保険労務士資格認定通知のハガキが届く


昭和44年11月17日 社会保険労務士免許証の交付を受ける


昭和44年11月18日 社会保険労務士業開始届を提出


上記のようになります。
よって当社では、11月18日を創業記念日としています。

祖父は、私が高校生の時に亡くなりました。亡くなる前の数年は、脳出血のため寝たきりだったので、仕事をしている様子の記憶がありません。何故なら小さい頃は、社会保険労務士とはどんな仕事なのかを教えてもらっても理解することができず、興味をもてなかったからです。
今だったら、色々と聞いてみたいことがあるのにと思います。

創立50周年を迎えることができましたのも、皆様方のご厚情の賜と心から感謝申し上げます。次は100周年を迎えることができるように頑張りたいと思います。

[この記事を読む]


実務研修の講師をしました

2019年11月11日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
2019年11月9日(土)に、山口市で山口県社会保険労務士会が主催の実務研修(社労士向け)の講師をしてきました。私の担当は、社会保険(健康保険・厚生年金)で、午前と午後の1日話をしました。
受講者が同業者なので、制度の説明や法律についてではなく、私の経験をもとに手続きをする際にどこを気を付けるべきかを説明しました。受講者も積極的に質問してくださったので、一方的ではなく双方向のセミナーになったのではないかと思います。
一日中話し続けたので疲れましたが、受講者の方のおかげで楽しかったです。

(写真のテキストをもとに説明しました。)

[この記事を読む]


スマホの機種変更

2019年10月30日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
スマホをiPhone11Proに変更しました。3年ぶりの変更なので、新機能等を試して楽しんでいます。
ホームボタンが無くなり操作性を気にしていましたが、これはすぐに慣れました。
変更して良かった点をまとめると、画面がきれい、カメラが楽しい、バッテリーの持ちがよくなったことです。
逆に悪い点は、重くなったことです。サイズは変更前とほぼ同じなのですが、50g増加しています。たった50gですが、手に持つとずっしりとします。こちらは、全然慣れません。
重さに不満はありますが、総体的には変更して満足しています。


[この記事を読む]


働き方改革の相談についての傾向

2019年09月26日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
朝と晩は、だいぶ涼しくなってきましたね。
9月は3日間、働き方改革の窓口相談と出張相談をしてきました。
全体の傾向はわかりませんが、私が受けた相談では中規模以上の会社は同一労働同一賃金を気にしている会社が多く、小規模の会社は年次有給休暇について気にしている感じがします。
働き方改革を実行したい会社があれば、ご連絡ください。

[この記事を読む]


メールマガジン発行のお知らせ

2019年08月02日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。

令和元年8月からメールマガジンを発行することにしました。
毎月助成金や労務に関する情報を電子メールにて配信しております。
新聞や雑誌に載らない、現場で起こった事例など、知っておくと安心できる情報を多数ご紹介しております。
登録料・月額費用は無料です。
購読ご希望の方は、メールフォームからのお問い合わせの備考欄に「メールマガジン希望」と記載してください。
皆様のご登録、お待ちしております。

[この記事を読む]


働き方改革についての相談会

2019年07月25日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
7月24日に梅雨が明けましたね。いよいよ夏本番です。
これからの季節、熱中症等にお気を付けください。

今年の4月から働き方改革関連法案が施行されましたが、皆様の会社では、どのように対応されているでしょうか?
7月19日(金)に徳地商工会で働き方改革についての相談窓口が開催されましたので、相談員として参加してきました。相談者は1名で、働き方改革の簡単な説明と労働問題について説明をしました。
働き方改革についてお困りごとがありましたら、当社にご連絡ください。

[この記事を読む]


らくらく助成金診断

2019年06月18日

今年は、例年よりも梅雨入りが遅いですね。
令和元年度の助成金診断シートを作成しました。
助成金に興味はあるが、何を受けられるかが分からないという方は、当社にご連絡ください。
簡単なアンケートにお答えして頂ければ、診断結果レポートをお渡しいたします。
では、お待ちしております。

[この記事を読む]


令和の始まり

2019年05月23日

平成が終わり、令和が始まりました。
木戸社会保険労務士事務所は、今年(2019年)の11月に創業50周年を迎えます。
昭和44年11月から始まり、平成、令和と3つの時代に営業することができました。
これもひとえに、地域の皆様のご支援の賜物と、心より感謝しております。
今後もよろしくお願いします。

※写真は、防府天満宮の平成と令和です。

[この記事を読む]


働き方改革実践企業の会社見学

2019年03月20日

平成31年3月8日に、働き方改革実践企業の会社見学に参加してきました。
見学させて頂いた会社は。下関市にあるJRCS株式会社です。
JRCS株式会社は、社内サーバーで設計資料や部品一覧表を共有し、AIを活用した定型業務の自動化をされています。また、フリーアドレス(個人専用の座席を設けない働き方)の導入、副業OK、テレワーク導入など先進的な取り組みをされています。
働き方改革については、資料等でいろいろ見ているのですが、実際に実物を見てみるとなるほどと思える点が多々ありました。
今から入社するのであれば、このような会社で働きたいなと思いました。
しかし、古くから勤務されている社員の一部には、変革に抵抗される方もいるようです。その場合、広報の方は、「face to faceで地道に説得する」と仰っていたのが、印象に残りました。
JRCS株式会社の広報の方、お忙しいところ時間を割いて頂き、本当にありがとうございました。

[この記事を読む]


会計検査院立ち合いの調査

2019年02月18日

三代目社会保険労務士の石田厳志です。
防府天満宮の梅も咲き、梅まつりが開催中です。

2月7日に会計検査院同席の社会保険の調査がありました。
社会保険の調査は、何度も受けていますが、会計検査院が同席するのは、初めてでした。
調査官1名、会計検査院が1名で行われ、会計検査院の方は、黙って見ているだけでした。
以前の勤務先の同僚から大変なのは年金事務所の職員の方だと教えてもらっていましたが、実際に調査を受けてみるとそのような感じがしました。

年金事務所から調査の案内が届き、どのように対応してよいのかわからない場合は、木戸社会保険労務士事務所までご連絡ください。

[この記事を読む]



Copyright©2020 木戸社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.